院長紹介

院長紹介

院長 鈴木 英二

医療法人社団廣和会 埼玉杉戸診療所
院長 鈴木 英二

紹介

私は、日本のリハビリテーション医学第2世代にあたります。脳卒中、嚥下障害、立位バランス障害のリハビリを専門とし、急性期病院、回復期病院を経験してきました。この度、平成29年10月2日より「埼玉杉戸診療所」を開設する運びとなりました。
当診療所の使命は、住み慣れた場所での生活を続けるために、心身機能の再獲得、日常生活の再構築、環境設定を図り、医療を提供することです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

略歴

昭和59年3月
防衛医科大学校 卒業
リハビリテーション科 研修医
昭和61年6月
航空自衛隊春日基地衛生隊(医官)
平成3年9月
七里病院リハビリテーション科
平成5年2月
埼玉医科大学リハビリテーション科
平成16年5月
さいたま記念病院リハビリテーション科
埼玉医科大学リハビリテーション科 客員准教授

資格

平成8年3月
日本リハビリテーション学会専門医(604号)
平成9年6月
埼玉医科大学より医学博士(578号)
平成9年11月
第5回総合リハビリテーション賞 受賞
平成15年4月
摂食・嚥下リハ学会 評議員

翻訳

鈴木英二監訳、CAROL  BOKBY著:
痴呆老人のためのユースフルアクティビティー、三輪書店、平成11年5月



PAGE TOP